技能実習生とは1年間から3年間まで、最長5年間日本へ労働者を派遣する制度です。この制度は労働者が手に入れた技能を生かし、日本での仕事をする為。技能実習生制度の目的は開発途上国への日本で培われた技能、技術又は知識の移転を通じて、開発途上国の経済発展を担う「人づくり」に寄与することです。技能実習生制度の使命は日本企業の生産過程において、能動化や国際協力を推進し、またはベトナムの労働者に就職機会を与えることです。技能実習を行わせようとする対象は性別を問わず、高校を卒業し、日本に入国ビザを申請したことがない、またはHIVやB型肝炎や肺結核などの病気に罹らず、法律違反しない人が参加できます。

技能実習生制度に参加する場合、労働者は現在だけでなく、将来の仕事も安心し、収入を向上し、日本語能力をアップし、日本である技術科学の先進国で自分の技能や技術を熟達できます。他、帰国したら、ベトナムのある日系企業やベトナムと日本の合名会社で就職できます。

近年、高齢化が続き、出生率が低下しますので、日本国内の労働力不足で外国実習生の受け入れ需要が高まっています。平均、毎年日本はベトナム、タイ、中国、フィリッピンなどの各国から8万名以上の技能実習生を受入れます。実際、日本実習生が帰国してから、就職機会がとても高いです。理由は日本で技術の習熟の労働力の需要が速度に増えている為です。現在、世界中の15カ国が技能実習生制度に参加しています。1992年09月25日にベトナムも正式に技能実習生制度に参加しました。

現在、日本におけるベトナム人技能実習生数は2万名超、国籍別では中国に次いで2番目に多かったです。そして、ベトナム人技能実習生は各国と比べて、勤勉や勉強好きの性格及び仕事に早く落ち着くことだと高く評価されています。

ベトナム人の技能実習生は日本全国にいます。しかし、岐阜県、愛知県、広島県、関東地方、九州地方などを中心として集まります。ベトナム人の技能実習生は日本の受入れ企業から働く能力について高く評価されている為、年毎ベトナム人の実習生数が急増しています。

現在、日本国政府は日本との協定を持っている15カ国の技能実習生を受入れます。その15か国はインド、インドネシア、ウズベキスタン、カンボジア、スリランカ、タイ、中国、ネパール、バングラデシュ、フィリピン、ペルー、ミャンマー、モンゴル、ラオス及びベトナムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。